名前のランキング・・・

あるランキング調査で猫の名前を発表していた。

それをみると、ベスト3は1位がクロ、2位がモモ、

3位がチビであった。

1位の名前の由来はというと、黒猫だったという理由

だった。

人間の子供であれば、文字数(画数)やバランス、

家族の1字をもらうなど総合的に考えてつけてもらえる

とおもう。

でもペットだと、7月にもらってきたからナナだとか、

小さかったからチビだとか結構簡単である。

猫の気持ち的には、「おれだって名前選びたい」と

思っているに違いない。

そういうハナちゃんの名前の由来はと聞かれると

ドキッ!とする。

オスなのに、女の子と勘違いされて「花子」からつけられた

名前なのである。

ははは。よその名前をとやかく言えませんです。はい。
posted by nekoかわいがり at 22:27 | 日記

どうして招き猫って三毛猫?

そういえば招き猫ってどうして三毛猫なのだろう。

調べてみたところ、実際に招き猫のモデルとなった

三毛猫が存在した。

招き猫の誕生は思ったより古くもなく、江戸時代に

江戸(今の東京)が発祥の地といわれている。

ただ、発祥説は東京だけでも世田谷区、豊島区、

吉原とあり、どこが本当なのか定かではない。

有力説は世田谷区豪徳寺の話らしいが。

豪徳寺の飼い猫が、門前で井伊直孝を手招きした。

手で招くようなしぐさに呼び寄せられ、門の中に

入り休むことにしたところ、急に雷雨となったそう

で、雨に濡れずにすんだ。

後日、そのお礼にと寄付をした。古くなった建物

を建て直しすることができて人を呼び込むことが

できたそうだ。

豪徳寺のもう一つの説では、直孝が木の下で雨が

やむのを待っていたところ、三毛猫が手招きをする

動作をしたため木から離れるとその木に雷が落ちた

という。

難を逃れたことに感謝して、豪徳寺に寄付をした

そうである。

猫に感謝する気持ちをいつまでも忘れず、寄付という

形で恩返しをするというのは、何とも心が温まる話

である。

このご時世に、「恩を忘れないこころ」を大切に

したいこの頃・・・
posted by nekoかわいがり at 22:07 | 日記

猫に小判 vs 招き猫

「猫に小判」ていうけれど、猫に小判とは自分では価値の

ある貴重なものを与えても、本人にとってはその値打ちが

わからなくて、見せても無意味なたとえとして用いられて

いるようだ。

ことわざでは「猫に小判」とたとえられているが、まねき猫

が右手に持っているのは千両小判である。

最近では福沢諭吉のお札やアメリカドルを持っている猫も

登場しているようだし。

右手でお金を招いて、左手では「招客万来」人を招いている。

「招く」は「手招き」などとつかうように、手を振っておいで

おいでと人を呼び寄せたり、お客として呼び寄せる意味がある。

一般的に多いのが三毛猫で右手に小判、左手は上げているだ

ろう。でも、猫に小判を見せたところで反応しないのに、

小判を右手で持っているとは矛盾している気が・・・

招き猫が三毛猫というのもどうも意味があるらしい。

つづく・・・
posted by nekoかわいがり at 19:20 | 日記

夕方になると

夕方涼しくなると家の近くに戻っている。

部屋から外をみるといた。ニャーンと教えてくれればいいものを。

日中はどこで何をしているのだろう。

いつも気になってはいるのだが、結局わからずじまい。

時々、主人が「近所で後姿を見かけた」とか「目と目が合って

近寄って行ったら逃げられた」とか言っているが・・・

戻ってくるたび、スキンシップと称して猫のお腹を指でつついて

攻撃しているから、外でも警戒されるのでは?ははは。

初めはかまってもらっていると思っている猫も、だんだん本気

スイッチが入り足蹴りしてきたり、戦闘体制に入ったりと

あわただしい。

見た目はおとなしそうだが、実は活発で元気が良い。

オスだからこんなもんだろうか。
posted by nekoかわいがり at 19:47 | 日記

猫のからだって・・・



猫っていろいろなたとえに用いられる。

猫のからだにたとえられるものだけでも、

猫の額、猫の目、猫毛、猫舌、猫なで声、猫の手も借りたい、

猫背、猫足 など挙げられる。

猫の額は、「猫の額ほどの大きさ」よく聞くように、

とても小さかったり、狭いもののたとえである。

猫の目は、目の動きや色が変化することからきている。

猫毛は、髪の毛にこしがなく、やわらかくて細いために

ボリュームが出ないことのたとえで使われる。

猫舌はおなじみだが、熱いものを苦手で冷ましてからでないと

食べられない人のことである。

猫なで声は、人に甘えておねだりしたり頼みごとをするとき

などにたとえられる。

猫の手も借りたいは、誰でも一度は口にしたことがあるかも

しれない。あまりに忙しくて猫でもいいから手伝ってもらえ

ると助かるというときに使われるようだが。

猫背、わたしです。姿勢が悪く背中が曲がっているたとえで

すね。

猫足は、「ぬきあし、さしあし、忍び足・・・」物音ひとつ

たてずにあるくさまのたとえ。

猫背・猫舌のわたし、猫に似るのかもしれません。




posted by nekoかわいがり at 09:42 | 日記

またたびって?


またたびの葉っぱは特徴的で、緑色の葉が白くなるので

またたびの木だとわかるそうである。

5月・6月頃、キウイフルーツに似た白い花が咲いて

実がなる。

この実の中に虫が入ると実が膨らんで丸くなり、その実を

秋に採って生薬として使う。

この虫はマタタビアブラムシといい、花の子房に産卵する。

この実が成長とともにでこぼこした実となる。

またたびの実は薬にしたり酒に漬けて薬酒にしたりするが、

薬や薬酒など漢方薬として使用するのはでこぼこした実の

ほうで、虫の入らない普通の実は使われない。

薬酒は、冷えや冷えによる痛み、利尿作用、強壮などに

効果があるようだ。

猫だけでなく人間にも効くと言われている。

posted by nekoかわいがり at 09:51 | Comment(0) | 日記

人間にもまたたび

またたびはなぜか猫が好む。

またたびをそばにおいても無反応の猫もいるが、

たいていの猫は反応し喜ぶ。

うちの猫もまたたびの棒を両手で挟み、床に横たわって

足蹴りをする。

あれはうれしいという表現なのだろうか?

友人は実家で飼っている老猫(オス)にまたたびを与え

たそうだ。すると元気になって外に出て行ったまま二度と

戻ってこなかったという。

悲しい・・・

よく高原などの観光地でみかける。枝で売ってるのを

留守番していたお土産に買って帰ったことがある。

ただまたたびが効くのは猫だけだと思っていたが、

どうも人間にも効くらしいということがわかってきた。

人間に効くのは、枝のほうではなさそうだが。

つづく・・・・
posted by nekoかわいがり at 22:35 | 日記

なぜか私の周りには・・・

なぜか私の周りには猫好きが多い。

自分も含め猫派の派閥をつくっている。

けっこう猫好きが多い割には自宅にはいないかったり、

いても実家で飼ってるとかでちょっと寂しい。

日本で人気の猫ちゃんと言えばアメリカンショートヘア

、ロシアンブルー、アビシニアン、アメリカンカール

などだろうか。国際的だ。

私個人的に一番好きなのはロシアンブルーだが・・・

一方飼い猫のはなちゃんは色こそグレーのしましまだが、

ばりばりの日本猫である。

ドメスティックとでもいうのだろうか。

姉は昔チンチラを飼っていて、その猫が死んでしまった。

金縛りにあったときその猫の顔だけが突然現れて、

悪い霊から守ってくれたといっていた。

愛情をそそいていると人間だけじゃなくペットも守護霊

として守ってくれるのかもしれない・・・・








posted by nekoかわいがり at 23:11 | 日記

今度は自転車盗難

仕事から帰ったら主人の自転車がない。

出かけてるのかと思いながら玄関をあけた。いつも履いてる

スリッパが脱いでないので家にいるのか?と思い「ただいま」

と独り言をいってみた。

すると「おかえり」と声が。こっちがびっくり!!

「自転車ないけど」と尋ねると「もしかしたら鍵をつけたまま

だったかも」と曖昧な返事。

朝ははっきり覚えてないがあったと思う。

家をでてから帰るまでの間になくなったのだ。

近所の交番に出向き自転車が盗難にあったというと

不思議そうな顔をされた。私が自転車にのって交番に行った

ので乗ってきてるじゃないかと思ったにちがいない。

事情を説明。いくらで買いましたか?と聞かれ見栄をはり

「1万円」と答えた。ほんとはオリンピックで7千円位だった

けど・・・

「買ってから2年経過してるから時価3000円でしょうかね」

と言われた。

ということは約3年でもとが取れる計算になってる?

1年3500円で原価償却してることになる。

なんでやねん。

その根拠がよくわからんが、とにかく現在の時価3000円の

自転車の被害届を出してきた。

私「被害届をだして戻ってくることけっこうありますか?」

警察官「・・・・・」

ちょうど被害届を書いてもらっているときに、夕飯らしい

出前が届けられたところだった。

ああラーメンだったらのびちゃったかな。ざるそばだったら

のびないからいいなと私のほうが心配になった。

ちゃんと自転車戻ってくるだろうか・・・
posted by nekoかわいがり at 22:12 | 日記

死骸引き渡し

今日は仕事に遅れていくわけにもいかず、主人に

引き渡しを託すことにした。

役所に電話すると、たらいまわしにされなんとか

連絡がとれたとのこと。

死骸も結局はゴミとして引き取りにくるため、

(もちろん死骸だけのために引き取りにきてくれ

ました)住んでる住所の何丁目と伝える必要が

ある。地区担当が細かく分かれているようです。

念のため「この辺にもタヌキがでるんですか」と

尋ねると同じ区内でも離れた場所では出るとの

返事。やっぱりいるんだと納得。

職場の人にも尋ねると横浜では最近増えてるとの話。

午後3時までに引き取りにくるとの返事をもらい

夕方には死骸の入った段ボールはなくなっていた

らしい。確認するとやはり合同で火葬してもらえる

そうです。

よかった、これでひと安心。

つづく・・・
posted by nekoかわいがり at 23:02 | 日記

死骸を自転車にのせ・・・

主人がタヌキらしきその動物を散歩中みたという。

大通りから少し住宅地に入っていくと古民家がありその辺で・・・

その動物は子どもらしき小さいのと大人らしい大きいのの

合わせて5匹がタタタッ・・・と走り抜けていったというのだ。

もしかしたらそれと関係しているのじゃないかと。

夕方、死骸の入った段ボールを自転車にのせ古民家へいく

ことにした。

自転車を止めるとその家の住人が不思議そうに縁側へ

でてきた。これこれこうで・・・と事情を説明、この辺で

見たことないかきくとびっくりされた。

逆に「このへんに出るのなら見てみたい」と。

そうだろうな。

たしかにすぐ裏はちょっとした森のような

感じで草が生い茂っている。

でも周りは住宅地だし、まさかという感じだ。

結局わからずじまいで、自転車にのせ家まで連れ帰った。

明日役所へ電話したら何かわかるかも。

昨日から涼しくてほんとよかった。週末だったので

保存状態が心配だった。

早く明日になーれ。
posted by nekoかわいがり at 21:51 | 日記

ハクビシン?

一夜明けた。時間が経つにつれて昨日の動物に

ついて思い出してみた。

主人いわく「もしかしたらハクビシンじゃないか?」と。

ハクビシンてなんだ?聞いたことがあるが、たぬきとか

アライグマとかの類らしい。

ハクビシンについて調べてみると、「白鼻芯」と書き

鼻筋に1本の白い線が入っている。尾っぽも細く長い。

色は似てるが顔は明らかに違う。耳もハクビシンほど

丸くない。これじゃない。

千葉県辺りではでるらしいが東京23区で・・・・?

というところで、また調べてみた。

ハクビシンに似てる他の動物だとアナグマ、タヌキ、

アライグマがいる。

この中で一番似ているのはタヌキだ。

うーんタヌキかあ。ペットとして飼われてはいないと

思われるが、そうすると野生となる。

野生か。この辺で普通にバス通りを横断しているのを

目の当たりにするとショックである。

昨夜ははなちゃんどころではなく、あまり相手に

できなかった。外から戻ってきて部屋にはいった。

くんくんとはなちゃんが休んでる場所を嗅ぎまわって

いた。いつもと違う匂いがするのかも。

ほんと敏感だ。少しすると、丸くなって眠り始めたので

ほっとした。

つづく・・・・

posted by nekoかわいがり at 15:11 | 日記

ひき逃げ

数時間前のこと。

「どーん」という音と同時に、キャーンと鳴き声がした。

「また人身事故か」と思い家の外へでた。

すると・・・

人間ではなかった。動物だ。

猫でも犬でもない。なんだ????

あらいぐまのようなたぬきのような顔のシャープな動物である。

よたよたふらふら道路をこちら側へ横断しようとしていたが

力尽きて倒れてしまった。

どうしよう。このままほっておいたらまたひかれてしまうと

思い車の切れ目をみはからって近寄った。

道路中央の白線の近くでたおれていたのを抱きかかえて

とりいそぎこちらがわの道路端へ横たえる。

呼吸はあったが弱弱しい。

とそこへ、向こう側を走ってきたバスの運転手さんが

「ひいてったのはタクシーだよ」と教えてくれた。

タクシーの後ろを走っていたバスが一部始終をみていた

ようだ。

でも困った。夜8時半近い。土曜日だし動物病院は閉まって

る時間だ。家へ戻り主人に事情を説明、どこかで飼われている

のかわからなかったが、とりあえず最寄の動物病院へ連れて

いくことにした。

事故から10分しないうちに病院へ到着したがすでに診察は

終了していた。呼び鈴をならす。

事情を説明し、みてもらおうとしたがこのとき呼吸は

止まっていた。

助手の女性に「うちは犬・猫専門なんです」といわれた。

たしかにペットなのかどうか、なんの動物なのかも説明が

難しかったし。

獣医さんに役所のどこへ連絡したらいいか」尋ねると、

清掃課と教えてくれた。

合同でお寺で火葬してくれるそうだ。

思い出すと胸が痛む。

つづく。。。


posted by nekoかわいがり at 23:07 | 日記

夏バテ

暑い日が続いている。

猫は寒がりだから暑さには強いと思っていたが見ているとそうでも

ないようだ。日中はどこで過ごしているのだろう。

姿をみない。仕事から帰ってくるとどこからかだらだらと歩いてくる。

30℃を超えているから全身毛でおおわれているのはさすがにつらい

らしい。人間が真夏に着ぐるみを着て動き回っているのを想像すると

暑苦しい。それにちかい状態なのか?

暑い日が続いているが、夏バテしないでこの夏を一緒に乗り切って

ほしいと願う。
posted by nekoかわいがり at 00:19 | 日記

毛の生えかわり

毛の抜けるのが落ち着いてきた。少し前までほぼ毎日の

ように櫛でとかしてあげていた。

生えかわりも頭のほうからおしりのほうへ向って薄く

なっていったようだ。おしりのほうも短い毛にかわった

とはいえ、首のあたりと比べると長い。

冬は暖かそうだが、この時期は暑いだろう。

近頃あつさのせいか、舌を出したままボーっとしていたり

する。単なるしまい忘れであればいいのだがちょっと

心配だ。少し様子見とする。

はなちゃんは私の心配をよそに隣の座布団の上で寝て

いる。Zzzzzzzzz........
posted by nekoかわいがり at 20:59 | 日記

はなちゃんの家

最近はご飯を食べるために帰ってくるようなものだ。

今夜も食べ終わるやいなや、「にゃーん」とないて

出入り口でお座りしていた。

窓をあけるとすぐに出ていってしまう。

暑くなってきて外でも過ごしやすくなったのだろう

か。外では何処で何をしているのかすごく気になる。

飼い主はうちだとはわかってるとおもう。

ただどうもよそでもご飯をもらってるらしい。

それも2軒先のお宅で。そのお宅でご飯を食べて

るのを見かけたり、家の中を覗き込んでたりしてる

姿を目撃したことがある。そのお宅も2匹の猫を

飼っていて、外にネコちゃん用の段ボールが置いて

ある。その中にハナちゃんが入ってお座りしていた

のを見たときにはさすがに悲しくなった。

そのお宅のおばあさんにも「この猫ちゃんよくうちに

くるのよ。飼い主がいたのねぇ」と言われたくらい

よくおじゃましてるようだ。一度餌を食べたことが

あると覚えてるのだろう。

でも飼ってるのはうちなのに。まあ、朝晩戻ってくる

くらいだから義理でもなく単純に空腹なのだろう。

空腹でなくてもまめに戻ってきてほしいこのごろ。

posted by nekoかわいがり at 23:18 | 日記

喋る猫 vs 猫に英語

テレビで喋る猫を見た。嘘だろーと半信半疑。

飼い主のお母さんが話しかけると、餌に夢中になって

食べてた茶トラの猫ちゃんが「まぐろうまい」と

喋った。気のせいではと思っていたらもう一度

「まぐろうまい」といった。

本当に喋れるんだ。かなり練習したのかな。

そういえば、拾ってきたばかりの頃覚えさせようと

はなちゃんに話しかけてたのを思い出した。

それも英語で。(笑)

何故英語なのか。理由は、犬には英語でしつけた方が良い

というのを聞いたからだ。(でもはなちゃんは猫なのに)

試しに、待てを「ウェイト」、おいでを「カム」等と

教え込んだ。初めは人のことばが理解できないでいたようだ

が、ウェイトには反応するようになった。

ごはんのおあずけの意味でウェイトと使っていたのだが、

食べることについては食い意地があるみたいで☆彡

さらに日本語で「ごはん」ときくと、喉をゴロゴロと鳴らす

ようになった。

食べ物に関連付けて教えたらもっと覚えられたかもしれないが、

試しにやってみる価値あるかも。

ちなみに知り合いの猫ちゃんは「かつぶし」ときくと

「ピクッ」と反応するそうだ。
posted by nekoかわいがり at 00:42 | 日記

偶然の出会い

はなちゃんとは4年前の9月に偶然出会った。

捨て猫だった。正確な誕生日はわからないが、

生後2か月くらいかなと思えた。

一目見て、うちへ連れてこうと決めた。

片手の掌におさまるほど小さく軽かった。

家は、旦那様との2人暮らし。そこに、新しく

加わることになった。

旦那ははじめ反対したが、日を追うごとに

理解(というか諦め)を示すようになり、今では

一緒に遊んだり遊ばれたり。

家へ連れてきた日は、一晩中ミーミー泣いていた。

よほど怖かったのか。

xxxx ごめんよ はなちゃん xxxx
posted by nekoかわいがり at 23:13 | 日記

猫まんま

最近の猫はグルメだと思う。

猫まんまなぞ知っているのか!?

昔、実家で猫を飼っていたことがある。そのときのご飯は

ご飯にかつぶしを混ぜたおかかご飯や焼き魚の食べ残った部分

にご飯をまぜて与えていた。

だから、ご飯のおかずが魚だったときは「よこせよこせ」

と大騒ぎ。落ち着いて食べることが出来なかったのを

覚えている。

後で知ったのだが、人間の食べるものは塩分や味付けが

濃いためあげないほうがよいそうだ。

はなちゃんには、人間の食べ物は故意に与えていない。

ドライフードがメインで、猫専用の缶詰を混ぜて与えたり

している。

猫まんまあげたら食べるかな?

でも知らないことが幸せだったりもするし、教えないほうが

いいのかな!?
posted by nekoかわいがり at 23:12 | 日記

招き猫

商売繁盛にと、お店に置いてあるのをよくみかける。

大小様々。全身金色のもあれば、銀色もある。

ポピュラーなのが、全身白で右手に小判、左手は「手招き」

しているやつだ。右手に小判をもっているのは、右手でお金を

招き、左手で客を招くからだときいた。

飼い猫はなちゃんは、わたしにとって招き猫だと

私が勝手に思っている。

理由は、はなちゃんの寝顔をみるだけで私が幸せな気分に

なれるからだ。v(^^)v

寝ている姿がかわいくて、いたずらせずにはいられない。

いっつもちょっかいだしては、はなちゃんにひっかかれてる。

こんな飼い主嫌かもな。

xxxx ごめんよ はなちゃん xxxx
posted by nekoかわいがり at 22:58 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。