どうして招き猫って三毛猫?

そういえば招き猫ってどうして三毛猫なのだろう。

調べてみたところ、実際に招き猫のモデルとなった

三毛猫が存在した。

招き猫の誕生は思ったより古くもなく、江戸時代に

江戸(今の東京)が発祥の地といわれている。

ただ、発祥説は東京だけでも世田谷区、豊島区、

吉原とあり、どこが本当なのか定かではない。

有力説は世田谷区豪徳寺の話らしいが。

豪徳寺の飼い猫が、門前で井伊直孝を手招きした。

手で招くようなしぐさに呼び寄せられ、門の中に

入り休むことにしたところ、急に雷雨となったそう

で、雨に濡れずにすんだ。

後日、そのお礼にと寄付をした。古くなった建物

を建て直しすることができて人を呼び込むことが

できたそうだ。

豪徳寺のもう一つの説では、直孝が木の下で雨が

やむのを待っていたところ、三毛猫が手招きをする

動作をしたため木から離れるとその木に雷が落ちた

という。

難を逃れたことに感謝して、豪徳寺に寄付をした

そうである。

猫に感謝する気持ちをいつまでも忘れず、寄付という

形で恩返しをするというのは、何とも心が温まる話

である。

このご時世に、「恩を忘れないこころ」を大切に

したいこの頃・・・
posted by nekoかわいがり at 22:07 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。